Ceremony - 蓼科高原教会セントブライズ(公式サイト)すがすがしい高原で想い出残る結婚式を

コンテンツに移動します
挙式 Celebrete a wedding

緑にかこまれた緩やかな坂道を進むと、丘の上に少しずつ姿を現す長野・蓼科高原教会「セントブライズ」。
外国の田舎にある教会を思わせる真っ白なチャペル。長野の青い空に映えてひときわ目を引きます。耳をすませば、小川のせせらぎが心地よく聞こえてくることでしょう。
もちろん、挙式のみのご予約もお伺いしております。お気軽にお問い合わせください。
緑に囲まれた「セントブライズ」。ここから、おふたりの新たな人生がはじまります。
花嫁
ご両親そしてゲストに見守られる挙式スタイル

長野・蓼科高原教会「セントブライズ」は、ロンドンに実在するセントブライズチャーチをモチーフに、両家向かい合うよう座席を配置しています。この座席スタイルを日本で取り入れているチャペルは数少なく、非常にめずらしい配置です。おふたりの晴れ姿を、幸せな笑顔を、列席者みなさまにご覧いただけるのが一番の魅力。荘厳なたたずまいの教会内は、ふたりの本物の愛を誓い合うにふさわしい、重厚でシンプルなつくり。80名様まで参列していただけます。
ブルーローズ ブライダルの伝説

青く光り輝くバラのバージンロードは、幻想的で神秘的。青いバラの花言葉は「神の祝福」。
ブルーローズのバージンロードを一歩一歩ゆっくりと歩くとき、そこには「神の祝福」があふれているはず。花嫁を幸せへと導くブルーローズのバージンロード。
ぜひ一度ご見学ください。
蓼科高原教会セントブライズの様子
厳かに執り行われる本格挙式

長野・蓼科高原教会「セントブライズ」では、必ず事前に個別カウンセリングを行います。
カウンセリングでは、おふたりの挙式に対する想いをお伺いし、その想いをセレモニーに込め、「枠にとらわれない」ふたりだけの挙式をつくりあげていきます。
新郎新婦入場前にチャペル内で上映する映像「ブライズストーリー」もこだわりのひとつ。
すべてに意味のあるセントブライズの挙式

長野・蓼科高原教会「セントブライズ」の挙式内容は、進行のすべてに、ふたりの幸せと家族の絆を強めるための意味が込められています。
おふたりらしい挙式にするために、ブライダル職人のウエディングプランナーが、おふたりの思い出、大切にしていること、家族とすごした時間を一つひとつ大切に、丁寧にお伺いし、おふたりといっしょに挙式を作り上げていきます。
おふたりが初めて「セントブライズ」へ足を踏み入れ、ブライダル職人と出会ったときから、おふたりだけの挙式準備はスタートしているのです。
世界に1 つしかない心に残る挙式を「セントブライズ」で。
Tateshina  Church St Brides

TEL:0266-73-0812
蓼科高原教会セントブライズ
コンテンツに戻る